トップページに戻る
         
 

第41回例会 フェルメール展鑑賞会 のご報告


オランダ絵画黄金時代の巨匠ヨハネス・フェルメールの作品を鑑賞
しました。
「光の魔術師」と称されるフェルメールに期待感が膨らみます。

まずは ハブリエル・メツー、ピーテル・デ・ホーホ、ヤン・ステーンら
17世紀オランダ絵画の傑作を鑑賞し、目指すフェルメール ルームに
歩を進めます。 光量を落とした部屋の中に、号数は小さいですが 油彩
としては緻密で 陰影を織り交ぜた8点の作品が展示されており、
感動のご対面、素晴らしいの一言です。

「日時指定入場制」という日本初の制度で、チケットが取りにくい大変
さがありましたが、並ぶこと無く入れましたし 時に名画の前に立止まっ
てゆっくりと鑑賞することもでき 今後取り入れて良い方式と思います。


作品数も少なく 皆さん何度も繰り返し じっくりと鑑賞されていました。

名画をじっくりと鑑賞できることは本当にありがたいことです。 
 
        画面クリックで拡大

    参加者 25名
  阿倍(弘) 阿倍(善) 甘利 石川 石崎 石原 
  伊豆  伊藤
 稲葉 内田 大島 久保田 
    小林(富) 小林(正)
 柴山 鈴木 高梨 高梨 
    谷口 
中根 西岡 原 松原 山田 吉田
                      
                   (敬称略)

無料で来場者全員に音声ガイドが提供されたことも、作品を楽しむのに有効な手段でした。

その後は懇親会場へ。美味しい料理と飲み物を楽しみながら感想を話し合い フェルメールを堪能できた一日となり
ました。
恒例のじゃんけん大会での図録進呈は、見事勝ち抜いた山田 亨さんに。図録は豪華箱入りで立派なものでした。 
山田さんには当日の感想文を寄稿して戴きました。                                                
                                            石崎 幸雄





                      フェルメール展の感想   

      私が絵画鑑賞同好会に参加させて頂いたのは3年半前ですが、
      初参加者紹介挨拶で、“自分の感受性の程度を試してみたい”
  などと言ったことを覚えています。その結果はどうでしょうか?
  分かっていません。
  でも、以来一人でもたまにですが美術館に行く様になりました。
  今回の絵画展は同時代のオランダ人画家等の展示も多数有りますが、
  私はフェルメール展示室だけに居てじっくりと実物を観る満足を感
  じていました。
  他の展覧会もですが、勿論私は批評とか出来ることはありませんが、
  色んなツールの解説の見聞きによって作品の背景の時代、地理、作者
  画題対象の周辺を識る事で小さい(大きいものも有りますが)面積に
  入れ込まれている奥深さの面白さを味わいます。
  
      ところで、鑑賞会後の懇親会中の企画で高価な図録を頂いたのでこの
  文章を書かせて戴くことになったのですが、決して勝負強くない私が
  ジャンケン勝ちで幸運を使ってしまったので、年末のジャンボ宝くじ
      を買うべきか迷っているところであります。
                         山 田  亨



絵画鑑賞同好会 世話人       柴山美穂 谷口和之 石崎幸雄

カメラ :  石崎・原 
編 集 :  原          
    2019.1.3
 トップページに戻る



 以下はご案内のページです 


                                                 トップページに戻る

         第41回例会 フェルメール展 鑑賞会のご案内


  「光の魔術師と称されることもあるフェルメールの作品を鑑賞します。

  オランダ絵画黄金時代の巨匠ヨハネス・フェルメールは寡作でも知られ、現存作は
  わずか35点とも言われていて、今回はそのうち8点を展示しています

  2008年に東京都美術館で開かれた「フェルメール展」では7点の展示でしたので
  日本美術展史上最大のフェルメール展になります。 
  
      その他、ハブリエル・メツー、ピーテル・デ・ホーホ、ヤン・ステーンらの傑作を
  含む約50点の17世紀オランダ絵画を展示します。 

  フェルメールを主としたオランダ絵画をお楽しみください。   

      混雑が予想されますが、欧米で普及している「日時指定入場制」を導入していますので、長時間待つことなく
      入場後もゆっくり鑑賞できるということです。 
      さらに作品を十分に味わい尽くせるように、無料で来場者全員に音声ガイドが提供されます。

               多くの方のご参加をお待ちしております。              石崎 幸雄





  展覧会名: 「フェルメール展 https://www.vermeer.jp/

  開 催 日:  201811 27日(火)

  会     場:  上野の森美術館(台東区上野公園・JR上野駅 公園口より徒歩5分)

                          アクセス http://www.ueno-mori.org/about/

  鑑 賞 会:   14:00    集 合  1階 ロビー

           14:15~16:00  各自で自由に鑑賞

  懇 親 会:   16:10~18:00     名画鑑賞の感動を共有しましょう! 

       上野ぶんか亭(前回と同じ場所)https://r.gnavi.co.jp/8662wm2r0000/map/

  参 加 費:   2,000     入場料、通信費、運営諸経費を含みます。
       

  懇親会費:  3,000円  飲み物1品付き、追加飲み物は「個人負担」をお願いします。

  申込締切:  2018116日(火) 

「日時指定入場制」のチケット購入の関係上、先着順20名で締切りとします。

    鑑賞会チケットキャンセルについてはチケット代(2,500)のご負担をお願いします。

  申 込 先:   石崎幸雄        sachio.ix3@juno.ocn.ne.jp   または 090-9105-7054

  ※ 申込時に、「懇親会」の出欠についても明記してください。
                                        以 上

        

                                                                       絵画鑑賞同好会 世話人         柴山美穂 谷口和之 石崎幸雄

            

 トップページに戻る
                                                                                                                                                  編 集:   原 2018/10/3