トップページに戻る 




充実していた「再興 第100回 院展」

            絵画鑑賞同好会の定番となっている「再興 院展」鑑賞会ですが、今年は例年と違っていました。
              第100
回に思いを馳せた多くの同人画家が、力作を発表していたのです。
      
              本来の日本画の良さを徹底的に追及した作品ばかりでなく、新しい日本画の可能性に挑む斬新な
              日本画も出展され、日本画の素晴らしさを改めて感じることができました。
              

              鑑賞後いつになく満たされた気持ちになり、懇親会では同じ思いだった多くの仲間と感動を共有
              できました。この感動の共有は絵画鑑賞同好会ならではとしみじみ感じながら、夕暮れの上野を
              後にしました。
               
              恒例の「図録」抽選では、鈴木隆保さんが見事に当選し、参加の感想文を寄せてくださいました。


                                                                                                      代表世話人 石原勝年











   「再興 院展」鑑賞会に参加して

                                                                                  鈴 木 隆 保
私は81歳の男性です。
この鑑賞会に入会して、大変良かったと思っています。
入会するとき、観るだけならラクだと思っていたのですが、懇親会で感想を述べろと言われて戸惑いました。
何を言ったのかも覚えていませんが、問題は起きなかったので安心しました。

回を重ねるうちに、何を言ってもいいことが判り喜びました。
人間、人前で本年を吐くことはあまり無い ように思うのに、この会だけは違うなと思いました。
これは会の世話人のご人格に依るものとも承知しております。

私は生来の臆病者で不勉強で努力嫌いな怠け者です。
絵の本質も知らず今日に至って居りますが、原画で観るのと写真で観るのとは全く異なるモノを感じます。
それは世界の名画でも、名も無い画家の絵でも同じ様に起きます。
ギクッと凄いなとか、きれいだなとか、私の芸術はそれでいいと思うようになりました。

そんな気持ちで臨む会で、他のメンバーのいろいろな感想を聴けるのがとても幸せです。
まことにありがとうございました。



    
今日の参加者 (敬称略)

        3 列目  吉田  西岡  鈴木
        
        2 列目  谷口  大島
 柴山  岸本  山田   柴田  阿部   石崎 
     
        1 列目  松原  張替  伊藤   堀川   伊豆  石原


                                        

                                                                                     
  トップページに戻る                                          編集 2015/10/5  原
        

                                                                                                                


            以下は予告ご案内のページです

                   
  
                                                          日本画鑑賞へのお誘い

                          皆さまは平素どんな展覧会に行かれていますか? 
                          私は、絵を見るのは好きでしたが、展覧会といえば印象派を中心とした西洋の有名絵画ばかりでした。
                          ところが、絵画鑑賞同好会で「院展」を鑑賞して、日本画独特の美しさに感動し、日本人として、
                          こういう美術があることを誇りに思うようになりました。

           今回の「鑑賞会」は、絵を見るのは好きでも 日本画はあまり見ないという方にもお薦めの展覧会です。
公募展ですから多種多様、日本を代表する大家の新作も 新進作家の作品も 多数出品されます。
          日本画独特の技法を見るだけでも楽しいですが、表現された独特の美は、洋画では味わえないものです

最近は女性会員も増え、懇親会もとても楽しいです。
   初秋の上野で、素敵な午後をご一緒に過ごしませんか。
                                                                                        代表世話人 石原勝年



再興第100回 院展
http://nihonbijutsuin.or.jp/100/Tokyo.pdf

  
  開催日時 9月15日(火)
  会 場   東京都美術館(上野公園内) 左下の地図参照 
  集 合         13:25
  地下1階ロビー 

  鑑賞会      13:30〜15:00
                 鑑賞後 気に入った絵の絵葉書を数点ご購入ください
  懇親会    15:30〜17:30 
               「銀座ライオン上野西郷会館店」Tel:050-5788-0428
                                  http://r.gnavi.co.jp/g029013/
  参加費  3,000円 (入場料、懇親会費、通信費含)
  
参加ご希望の方は 9月5日までに下記宛お申し込みください

                                 石原勝年 ishihara1791@nifty.com 


JR上野JR上野駅公園口より徒歩7分
   
        東京メトロ銀座線・日比谷線 上野駅7番出口より徒歩10分
            京成電鉄上野駅より徒歩10分     






◆ 
申込時に「懇親会」の出欠についても明記してください
             
 懇親会のキャンセルは 前日(9/14)の午後5時までに、
                                     世話人宛ご連絡ください


               



                    東日本ヤマハOB会 絵画鑑賞同好会
  
                世話人  柴山 美穂 谷口 和之 石原 勝年






  トップページに戻る                                                                                                編集 2015/8/20  原